注文住宅の買い時はいつなのか?

注文住宅を購入するベストタイミングは?

自分の理想に近いマイホームを建築するなら、注文住宅がベストの選択肢です。建売住宅や規格住宅に比べると費用は高くなりますが、その分、デザインからレイアウト、建材にいたる細部まで自分好みに仕上げることが可能です。メリットはそれだけではありません。土地の形状などに課題がある場合も、臨機応変な対応が可能で、施工の課程を確認しながら進められるのも大きな利点です。コストは比較的多くかかりますが、予算をオーバーしてしまうような場合でも、設計事務所に相談すれば予算内で最大限に理想に近づけるような方法を提案してくれます。また、住宅ローンの選び方など家を建てた後の支払いのことまでフォローしてくれる事務所を選べば安心できます。

低金利時代は注文住宅を建てやすい

注文住宅を購入するベストタイミングは、建て主の年齢や経済状況などによって異なります。20代や30代で35年程度の住宅ローンを組んで購入する場合、金利によって支払い総額がかなり違ってきますので金利の低い時がタイミングとしては良いでしょう。ただし金利が下がるのをいつまでも待つわけにもいきません。歴史的に見て今はかなり低金利であると言えます。金利は金融機関によって差があるほか変動金利にするか、固定金利にするかによってもかなり違います。保有財産や月々の収入なども人それぞれなので、自分に最も合った返済額、返済期間を設定することが重要です。50代以降である程度まとまった資金がある場合は金利の影響は少なく、建築コストをいかに抑えるかがポイントです。建築費は年々上昇する傾向がありますので、可能な限り早めに建設する方がいいかもしれません。

一戸建てには、建物が立っている状態で販売されている建売住宅と、自身でデザインやアイデアで建てる事の出来る注文住宅があります。

© Copyright Features For Custom Built Home All rights reserved